ラミネートの種類|会社で導入して欲しいもの!3Dプリンターといった機器の情報を教えます

ラミネートの種類とは?その選び方を解説します

ラミネートの種類

インク

二つの種類がある

ラミネートは印刷した物を保護するような目的で使用されるものですが、大きく分けて二つに分類する事が出来るでしょう。例えばラミネートには光沢があるものがあります。光沢感があるラミネートをグロスと呼びます。ラミネートには光沢感が無いようなものもありますが、それはマットと呼ばれているものです。

紫外線から守る事も

印刷物は紫外線を浴びる事で、色あせてしまう事も多いものです。紫外線からの影響をなるべく受けないために、UV加工が施されたラミネートも存在しています。例えば屋外で一定期間ポスターなどを貼るような際には、UV加工が施されたラミネートを使用する事がおススメとなるのです。

よい機械を選ぶ事が大切

会社では印刷物のラミネートを行なうような事が多くあるものです。使用頻度が高いものですから、なるべく良いラミネートの機械を選ぶ事が重要となってきますよ。以下ではラミネートの機器を選ぶ際に注目したいポイントについて解説していきます。

ラミネートの機械の選ぶポイント・ベスト3

no.1

サイズを考えて

ラミネートの機械を検討する際には、どの程度の大きさの印刷物をラミネートしたいのかを考えましょう。印刷物で多い形状となるのが、A4やA3のサイズとなります。それより小さい印刷物にラミネート加工を施したいと考えているような場合でも、大きめのラミネーターを選ぶと良いでしょう。大きめのラミネーターを使用する事で、複数枚を同時に加工する事が出来るためです。

no.2

仕上がりを考えて

なるべく綺麗な仕上がりを求めているのであれば、ラミネートの機械の構造を確認してみると良いでしょう。仕上がりの綺麗さを求めるのであれば、なるべくローラーの数が多いことが望ましいと言えます。ローラーの数が多い事によって、加工のスピードをアップさせる事が可能となります。

no.3

フィルムの厚さを考えて

どの程度の厚さのラミネートフィルムを使用したいのか、という事で使用できるラミネートの機械が変化してくると言えます。ラミネートに厚みがあることによって加工するために時間が掛かってしまう事もありますから、作業効率を検討した上で、フィルムと機械との相性を確認しておく必要があるでしょう。

広告募集中